MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

牛肉よりも環境にやさしいクジラの肉

牛肉よりも環境にやさしいクジラの肉


ノルウェーの捕鯨推進活動家は
捕鯨が畜産よりも環境に優しいことが調査を通じて分かったとし
クジラを食べることが地球を救うことにつながるとの見解を示した。


捕鯨船の燃料消費に焦点を当てた同調査では
鯨肉1キロ当たりの温室効果ガス排出量は1.9キロであり
牛肉の同15.8キロ、豚肉の6.4キロ
鳥肉の4.6キロに比べて少ないと指摘。

「牛肉の食事1回分による温室効果ガスの排出量は
鯨肉の食事8回分に相当する」
としている。


北極圏沿岸地域を代表する捕鯨推進団体ハイ・ノース・アライアンスの関係者は
「他の種類の肉との比較では、地球のためにできる最善策が
クジラの肉を食べることであることが分かった」と述べたそうです。


なにやら、又騒動になりそうですが・・・




---





漁業資源が減る?

漁業資源が減る?


海洋汚染や乱獲ですでに深刻な打撃を受けていて
漁業資源がさらに減り、世界の食糧事情に悪影響を与えるようです


温暖化の影響で魚やプランクトンの分布が変わってしまい
すでに一部では顕在化しつつあるということです


世界の漁業量の半分は海洋面積の7.5パーセントにも満たないそうで
陸に近い海域にかなり依存しているということです


海水温度の上昇や海水の酸性化など
温暖化の影響を受け安い海域は
世界の海の10〜15パーセントに集中しており
その多くが人間にとっての重要な漁場と重なるのです


これらの海域では、沿岸開発や陸上の物質による
汚染の影響も深刻で、汚染の為に酸素が減少して

生物が住めない海域が急激に拡大し
温暖化以外の環境破壊の影響も出ていて
今後もさらに悪化の予想がされています



さらに温暖化対策を強化しないといけませんね



---

知床は温暖化に特に弱い

知床は温暖化に特に弱い


北海道の知床が世界自然遺産に登録されたときに
ユネスコ世界遺産委員会から求められた課題の
現状を評価するための調査が22日、終了したそうです


国際自然保護連合(IUCN)の
デビッド・シェパード保護地域事業部長は

地球温暖化による知床への影響について
「世界的にみても特に脆弱(ぜいじゃく)であると言える」と述べ
これに対応する新たな研究グループの設置を提案した。

シェパード氏は知床の多様な生態系が流氷に支えられていると指摘し

「海氷の影響を受けているということは温暖化の影響が大で
注意深く検討していく必要があり、新たなワーキンググループをつくることもありえる」
と語ったそうです。



このようなニュースばかりを聞くと
なんだか 温暖化がますます怖い物に思えてきますね
でも、怖いと思うだけでは 何も始まらないし
何の改善にもなりません。

一人一人の意識の改革が、やはりとても重要に思えます




---

鳥類の30%絶滅?

鳥類の30%絶滅?



地球温暖化や開発による生息地の破壊で
今世紀末には地上にすむ鳥の30%が絶滅する可能性が高いという
解析結果がでたようです。


温暖化が鳥類の生息に及ぼす影響に関する
初の詳細なコンピューターシミュレーション。
気温が高いほど、同じ一度の上昇でも
絶滅する種の数が多くなることも判明しました。


やはり、一人一人の意識の改革は必要です。
温室効果ガスの排出削減を個人個人が意識して
温度上昇をできる限り低く抑える努力が必要です。


絶滅種には、日本のライチョウなど高山帯に生息する鳥や
熱帯周辺にすみ大きなくちばしが特徴のオオハシ
ハチドリの仲間など、貴重な鳥も含まれているそうです。


今世紀末に気温が六・四度上昇
開発も大規模に進む最悪のシナリオの場合
約30%に当たる二千四百九十八種が絶滅
二千六百五十種に新たに絶滅の危機が生じるとの結果が出ました。


ケーガン・シケルシオグル博士は
「生息地破壊が深刻だと、温度上昇が二・八度でも
四百−五百五十種の鳥が絶滅することになるなど
温暖化の影響は大きい」と話しています。



ライチョウ


大きなくちばしのオオハシ


小さな小さなハチドリ





<温暖化と生物絶滅> 地球温暖化が進むと、生息環境の変動に適応して、生物の分布域も変化する。だが、温度上昇の速度が生物の適応能力を超えていたり、新たな生息地が得られなかったりすると、生物の絶滅の可能性が高まるとされる。温暖化による生物絶滅の危険性は、高山帯や極域の動植物で高い。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、20世紀末以降の温度上昇が2度を上回ると地球上の30%の生物で絶滅の危険性が高まると予測している。






---

温暖化で6億人が栄養不足

温暖化で6億人が栄養不足


地球温暖化の影響で乾燥化が進み

サハラ砂漠以南のアフリカ大陸で2060年までに
25%もの農業収入が失われるそうです


2080年までに さらに6億人が深刻な栄養不足に直面
水面上昇は2100年までに15−95センチに達し
アフリカ大陸の沿岸地域に居住する住民約7000万人が
80年までに水害などの危険にさらされるといいます


UNDP政策専門家のアミー・ゲイ氏は
アフリカの貧しい住民が先進国の温室効果ガス排出の
犠牲になっていると指摘



「日本をはじめとした各国が(風力や太陽光など)再生可能エネルギーによる発電施設を供与するなど、アフリカの開発により大きな貢献をしてほしい」と訴えた。



UNDPによると
農業はアフリカ諸国の国内総生産(GDP)合計の21%を占めていて
温暖化による影響で乾燥・半乾燥地帯は
90年までに60万−90万平方キロにまで達し
水不足に苦しめられると警告しているそうです。





---


温暖化でお米や野菜や果物はどうなるの?つづき

温暖化でお米や野菜や果物はどうなるの?つづき


国内の生産地の変化より以上に深刻なのが
海外での気候異変なのです。


日本は食料の多くを輸入している輸入大国です。
国産の食料でまかなえているのは40%にすぎません。
米や小麦などのうち食用に使われる主食用穀物自給率は61%
飼料用を含めたすべての穀物自給率に至っては
28%という心許ない数字です。


日本は食べ物があふれていて
飢餓などとは無縁だと誰もが安心しきっていると思います。
実際食べ物を大事にしている人がどのくらいいるのか・・・


ここにも”もったいない”を心がける事は大事なことですね。

もったいないというと貧乏臭くて嫌だとかかっこ悪いとか
思う人も少なくないと思いますが
しかし、自体は深刻なのです。
それに世界中で飢餓で苦しんでいる人たちの事を考えれば
おなかがいっぱいだから 食べ物を残すとか
あまったものは捨てるとか、そうい考えはもう無くすことにしましょう。


1回の食事でも必要な分だけ、食べきれる量だけ
作る事を心がけましょう^^


農林水産省では、なんらかの理由で食料輸入がストップする
“不測の事態”が起こったとき、どうなるかを計算しています。
これによると、日本人1日1人あたりの供給カロリー
(摂取カロリーではないですよ)は2002年の数字で2600キロカロリー

もし、海外からの食料が輸入されなくなると
この数字が1760キロカロリーに落ち込んでしまいます。
ということは現在の3分の2の食料しか確保できなくなる。
つまりは国民1人あたり
1日2食分の食しか供給されなくなるという計算になるのです。


輸入がストップするということは
国内で生産されるものだけで間に合わせないとならないということ。
もしそのときがきたら、主食の米は1日茶碗2杯、みそ汁は2日に1杯
うどんも2日に1杯、牛乳は6日にコップ1杯、たまごは7日に1個
食肉にいたっては9日に1回、しかも量は12g! という試算まであるのです。


これは食料が全面輸入ストップされたときという
不測の事態を想定しているものですが
温暖化が進むとかなり厳しい食環境にさらされる可能性が
大きいことがおわかりいただけると思います。



餃子事件もあった事ですし
国産のものと向き合ういい機会でもあると思いますね^^。






---

温暖化でお米や野菜や果物はどうなるの?

温暖化でお米や野菜や果物はどうなるの?


国産マンゴーは気温25度〜30度で、生育できます
冬場の10度以下の場所ではNGという典型的なトロピカルフルーツです。
ところが年々温暖化が進む傾向の中で生産地が北上しつつあるようです。


どんどん温暖化が進めばもしかすると東京でもマンゴーの栽培が出来てしまうのでは?
と間違った喜びの声を発しそうです^^;


私たちの主食のお米は登熟期(米粒が熟す時期)に
昼夜の温度差が味や収穫量を左右しますが
その時期に気温が高いと米粒が十分育たないそうです


温暖化傾向で平均気温が年々上がっていることで
品質や収穫量が低下するという事が現実に起きています

そのための対策は色々取られていますが
もっと気温が上がると品種改良や栽培方法を変えるなど
これまで発生していなかった害虫への対策など
新たな問題が増えるのです。


平均気温が上がると、田や稲からの水の蒸発散量が現在よりも
約20パーセント増加してしまうと水田地域の潜在的な水不足になってしまうのです。



お米だけではなく野菜にもその影響が予想されます

温暖化が進めば冬野菜はもちろんの事
夏野菜でさえ、夏や秋にあまり気温が高いと
トマトやピーマンなどは腐ったり糖度が下がったり
身が柔らかくなったり、実がつきにくくなったりという
生育障害が起こってしまいます。

各地の気温が高くなる傾向が続くことによって
産地を北上させたり、品種改良が必要になってきます。



難しいのはフルーツが1年草の稲や野菜と違って、樹木であるという点です
仮に産地を北上させたとしても、うまく根付くかどうかはわからないそうです

根付いたとしても最初の数年は収穫はできないうえに
一度植えたら数十年に渡って栽培しないと採算が合わないため
栽培の地域を移動させることはそう簡単なことではないのです。


フルーツは樹木であるため、米や野菜のように
収穫時に適切な温度になるようにと
種まきを早めたりするといった調整はできないので
気候変動の影響を受けやすく、温暖化のダメージがなおさら大きいのです。


そのため、他の作物より10年早い対策が必要とされ
すでに温暖化を視野に入れ、青森県で、ぶどう、日本梨、桃など
りんご以外のフルーツ栽培が検討されています。
逆に温州みかんの産地である山口県などでは
越冬完熟栽培など、気候の変化に対応した取り組みも検討されています。


ああーこのままでは私たちの食べ物はどうなっちゃうんでしょうね。





温暖化でお米や野菜や果物はどうなるの?つづき>>>


---

「省エネナビ」

家庭で一番電気量を消費するものはエアコンです

一番はエアコンで約7割
次は冷蔵庫で照明器具・テレビと続きます

消費電力の多い物にきちんと対応する事で
省エネを高めるポイントになります

もし買い変える事が有ったら
消費効率のいい電化製品を選ぶ事がポイントですね

そしてもちろん適正温度を守ったり
冷蔵庫のドアの開け閉めの回数を減らしたり
ちょっとの意識の仕方で毎月の電気量も変わってくるでしょう。

家庭で使っているエネルギーがどのくらいなのか分かるツールも有ります
使用電力量と電気量がリアルタイムに表示されて
今日の分、今月分と表示内容の切り替えで確認することが出来ます
月の目標を決めて見比べて見ると、励みにもなるし
目標設定も出来るので、案外楽しく省エネが出来るかもしれません。


その名も「省エネナビ」です。

*「省エネナビ」とは、現在のエネルギーの消費量を金額で知らせると共に
利用者自身が決めた省エネ目標を超えるとお知らせし
利用者自身がどのように省エネをするのか判断させる機器です



↓こちらのページで沢山紹介していますので興味のある方は覗いて見てください
http://www.eccj.or.jp/navi/intro/index.html




---


悲しげに見える水の星

悲しげに見える水の星





NHKの地球エコ2008の”かぐや”から撮影した「地球の出」

ゆっくりと浮かび上がってくる青い地球がどんなに貴重なのかを思い知らされ
映像を見ているととても切ない気持ちにさせてくれます


そこに茨木のり子さんの「水の星」の朗読が聞こえてきます

この詩は茨木のり子さんが アポロが撮影した地球の写真を見ながら作ったそうです。





水 の 星


宇宙の漆黒の闇の中を
ひっそりまわる水の星
まわりには仲間もなく親戚もなく
まるで孤独な星なんだ

生まれてこのかた
なにに一番驚いたかと言えば
水一滴もこぼさずに廻る地球を
外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか
これを見なかった昔のひととは
線引きできるほどの意識の差が 出てくる筈なのに
みんなわりあいぼんやりしている

太陽からの距離がほどほどで
それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい
中は火の玉だっていうのに
ありえない不思議 蒼い星

すさまじい洪水の記憶が残り
ノアの箱船の伝説が生まれたのだろうけど
善良な者たちだけが選ばれて積まれた船であったのに
子子孫孫のていたらくを見ればこの言い伝えもいたって怪しい        

軌道を逸れることもなく いまだ死の星にもならず
いのちの豊饒を抱えながら
どこかさびしげな 水の星
極小の一分子でもある人間が
ゆえなくさびしいのもあたりまえで

あたりまえのことは言わないほうがいいのでしょう
                    

茨木 のり子




私はこんなにきれいな星を無くしたくはありません。




---

生活習慣を見直してみよう5

生活習慣を見直してみよう5



身近な自然に目を向けましょう


自然と聞くと 山や森、海や田舎の田んぼ道など
緑の多い山々、雄大な風景や森林浴などいかにも緑で癒される
風景を思い浮かべますよね。


でも、今は自然といったら特別な場所へ行かなくても
あなたの身近な ベランダや庭など
いつもの買い物の通り道の道端に咲く小さな草花や
街路樹からこぼれる木漏れ日やそこへ集まる小鳥とか
都会の真ん中に住んでいても
ちょっと路地を入るとそこには草が生え小さな生き物が集まっていたり
小さくても自然環境が作られています


そういう小さな自然に目を向ける事を習慣にしましょう
通勤通学の途中にある草花でいいのです
よその家の庭に芽吹く木々でもいいのです


ちょっと目を向けるだけで新芽が出てきたとか
すずめが止まっていたとか
葉が茂ってきたとかどこへいても四季を楽しむことが出来るんです


自分の部屋のベランダにプランターを置いて
自分の好きな花を植えても良いでしょう
ハーブなどとても育て安いものもあるし
育つのを見るだけでなく 香りや味を楽しむことも出来ます


そうすることで 暖冬や冷夏などの季節の影響も
何気に分かったりします


地球環境の問題と大きく捉えてしまうと
自分でもよく分からなかったりしますが


自分のベランダにある花々の少しの変化に気が付くことで
ダレにでも今すぐにはじめられるんです。

そういう身近なところから環境問題を考えて見るのが良いでしょう







生活習慣を見直してみよう>>
生活習慣を見直してみよう2>>
生活習慣を見直してみよう3>>
生活習慣を見直してみよう4>>




---





生活習慣を見直してみよう4

生活習慣を見直してみよう4




地球にも体にもおいしいものを選ぼう!

スローフード、地産地消って知っていますか?

スローフードはその土地土地に根ざしている伝統的な食材や
有機栽培・減農薬などの生産方法で作られた地球にもカラダにも優しい食品の事で

地産地消もそれに似た意味で「地元生産・地元消費」を略した言葉です。

地元で生産されて地元で消費されることを言います。

地元の物を買えば遠くから運ぶ際のガソリンや軽油の過剰な消費を少なくし
二酸化炭素を減らすことが出来ます。

保存のための防腐剤や添加物も使わなくても良いので
環境にも健康にも良い食材と言う事になります。


こういうものを意識的に選ぶ事で、生産過程で環境に負担を掛けないで良くなります

そういう環境に負担を掛けないものを選ぶ事で小さな生産者を守ることにもつながります

何よりも地元の新鮮な食材はおいしく栄養価も高く健康にも良いということです。


スローライフ・地産地消を実行する事で カラダにも地球にも優しい食スタイルに変身です。




生活習慣を見直してみよう>>
生活習慣を見直してみよう2>>
生活習慣を見直してみよう3>>

生活習慣を見直してみよう5>>

---

生活習慣を見直してみよう3

生活習慣を見直してみよう3


グリーンコンシューマーって知っていますか?

「グリコン」と呼ばれたりもしますが”緑の消費者のことだそうです。
緑の消費者って何?とも 思いますよねw


原料の調達から製品の廃棄までを考えて作られた
環境に負担の少ない製品やサービスを選ぶ人の事を
「緑の消費者」=「グリーンコンシューマー」というのです。


そしてそのようなものを購入する事を「グリーン購入」と呼ぶそうです。


再生紙製品や身近なエコぐっづを選ぶ事や
省エネ機能の高い家電や間伐材など資源の有効利用した家具や
牛乳瓶・ビール瓶など再使用できるものや
耐久性のある修理や部品交換などのアフターフォローが充実しているものなど
長く大切に使われるシステムが確立されているものも含まれます。



あなたもこういう製品を進んで選んで一人一人が出来るエコな行動をしてみませんか?


日常の買い物で”環境に良いかどうか”をチェックするだけで
あなたも今日から「グリーンコンシューマー」です^^



生活習慣を見直してみよう>>
生活習慣を見直してみよう2>>

生活習慣を見直してみよう4>>
生活習慣を見直してみよう5>>


---


生活習慣を見直してみよう2

生活習慣を見直してみよう2


「そのうち使うかも」と色々とって置いたり
人から物を貰うのはやめましょう。


捨てたらなんだか損をするような
いつか使うかも分からない色々な物たち


今買って置かないと、なんだか損をするような
いつ使うかも分からない色々な物立ち


たんすや引き出しの奥に いつ使ったかも分からない色々な物たち


これって私の一番とくいなパターンです(笑)
捨てたらもったいないとか損をするような気がして
捨てられないんですよね^^;
そういうもので部屋や引き出しはいっぱいになり
そして結局はゴミになってしまいます(泣)


地球環境のために出来る もっともミニマムな行動とは
「ゴミを減らす事」なのです


そのうち使うかも・あったら便利かも
と思っていた色々な物たちも使わなければただにゴミになります


目に見えるものも見えないものも
色々なサービスはエネルギーや資源を利用して届けられ

必要の無いサービスは受け取らないことで
ゴミの減量や地球温暖化の環境破壊を食い止めることにもつながります


なのでこれからは 必要の無い物は貰わない・買わない
安いからと そのうち使うかも・あったら便利かも


を、やめましょう。


自分の今必要としているものだけを使う分だけ買うことを習慣にしましょう。
そうする事でゴミの量は減って行きます。





生活習慣を見直してみよう>>

生活習慣を見直してみよう3>>
生活習慣を見直してみよう4>>
生活習慣を見直してみよう5>>


---

生活習慣を見直してみよう

生活習慣を見直してみよう


環境問題に関して実施したある意識調査で
「環境問題に関心がある」と答えた人は8割にも上っていましたが
「実際に何かアクションをしている?」との問いに「Yes」と答えた人は
1割にも満たなかったそうです


「何かしたいけど、何からすればいいか、きっかけが難しい」
と言う人が多いのは事実です
「何かしたいけど、きっかけがつかめない」という人たちのために
何からはじめたら良いのか、ちょっと考えて見ましょう


「どうせ変わらない」と思うことをやめてみましょう


環境問題の基本精神は
Think Globally, Act Locally!(地球規模で考え、足元から行動する)です。

まず地球規模で何が起こっているのか、きちんと知る事と
(自分に)1人ひとりに何ができるかを考えて意識的に行動することです。

「どうせ自分ひとりが何かをしても、変わらないよ」

と思うことをやめましょう。
一人ひとりの意識で確実に変わっていくのです

そして一人一人が意識しないと何も変わらないし 始まりません。

アルゴア氏がこうおしゃっていたそうです。
「温暖化問題は政治の問題ではなく、倫理の問題だ」
確かにこれは一人一人の倫理の問題でもあるのです
それを知り 行動する事で地球の環境問題の解決に一歩近づくわけです。

「一人の行動で何が変わるの?」

と思ったあなた

確かに、たとえば温室効果ガスといわれる二酸化炭素の排出量は、
産業が38%、運輸が20.7%、事務所や商業施設等が15.6%もあるのに

一般家庭からは13.5%にすぎないので
数字だけを見れば、個々の家庭の努力なんて、すごく少ない物に思うでしょう
しかしそれぞれの産業や運搬など利用しているのは私たちです
温室効果ガスを排出しているのは企業かもしれませんが
私たちのニーズが経済活動を支えているのです
と言う事は 個々の家庭から変わらないと
本当に、何も変わらないことになってしまいます

一人一人の努力はどんなに小さい努力でも
決して、無力では無いのです。


これからは私たち一人一人が
「何が出来るかな?」と言う事を考えましょう^^




生活習慣を見直してみよう2>>
生活習慣を見直してみよう3>>
生活習慣を見直してみよう4>>
生活習慣を見直してみよう5>>

---

ストップザ・温暖化

ストップザ・温暖化



2007年は地球温暖化への関心が高まった1年でもありました。
記録的な暖冬・7月いっぱい続いた梅雨・猛暑・暖かい秋
季節はずれの台風や大雨などなど・・・


機構の変化に危機感を募らせた人は沢山いると思います
もちろん私も募らせた一人です。


地球温暖化を申告な問題として 世界中に知らしめてくれたのが
前の日記でもご紹介した「不都合な真実」アルゴア氏でした。
温暖化防止を訴える”温暖化の伝道師として世界中を駆け巡り

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)と共にノーベル平和賞を受賞しました。

地球温暖化が二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスによるものかは
多くの科学者の共通認識ですが いまだに賛否両論あり
賛否は有るものの 2008年は京都議定書で設定された
各国の温室効果ガス6種の削減目標がカウントされる最初の年です。


今まで異常に「ストップザ・温暖化」の声も高まり
私たち一人ひとりの行動も問われる事になります。





情報:allabout

---

不都合な真実

不都合な真実


The Arctic Ocean could be ice free in summer by 2050.
2050年の夏までに、北極から全ての氷が消えるだろう。



かなりショッキングな見出しから始まりますが

ドキュメンタリー映画「不都合な真実」をご存知ですか?

地球温暖化がもたらす数々の衝撃的な事実を直視し
改善に向けて行動を起こすことで未来の地球を守ろうと
切実に呼びかける運動活動の記録の映画だそうです。


この映画には「A Global Warning(世界規模の警告)」という
サブタイトルがついていて
これはglobal warming(地球温暖化)と響きが似ていることから
温暖化問題に言及するときしばしば併用される言葉のようです。

この警告に対して 私たちが出来る10の事を考えて見ましょう


あなたにできる10の事


1.Change a light
省エネルギー型の電球に変えましょう。白熱灯よりも蛍光灯の方が省エネ性に優れています。

2.Turn off engine
エコ・ドライブをしましょう。停車中はエンジンを切るなど、地球に細やかな気遣いを。

3.Recycle More
積極的にリサイクルしましょう。ごみの分別は慣れればそれほど面倒な作業ではありません。

4.Check your tires
タイヤの空気圧をチェックしましょう。コンディションの良い車は燃費も良いです。

5.Use less water
節水しましょう。送水にかかるエネルギー消費を削減します。

6.Avoid products with a lot of packaging
なるべくレジ袋などの梱包を断りましょう。布バッグなどを再利用し、ごみを最小限に。

7.Adjust your thermostat
冷暖房の温度を調節して節エネルギーしましょう。

8.Plant a tree
木を植えましょう。二酸化炭素を吸収してくれます。

9.Be a part of the solution
環境問題について何か行動を起こしましょう

10.Encourage your friends to see An Inconvenient Truth
この映画を友人に勧めましょう。

次の世代が私たちと同じ自然の恵みを受けられるか否かは、私たちの手にかかっています。みなさんはいくつ実践できそうですか?




以上、all aboutから抜粋-----------




どれも今すぐ出来るちょっとした事ばかりですね。

8・9に関しては 「万年草」をベランダなりお庭なりに置くだけで

2つの事を同時に実行できます^^


こうやって少しずつ温暖化について考えて見ると
面倒のような気もしていた事が
とても身近に感じられ すぐにでも実行できることばかりで

今日から始めてみようと思えるものばかりですね。






不都合な真実
http://www.futsugou.jp/



---




屋上緑化

屋上緑化とは都市環境改善とヒートアイランド対策のために
一定規模異常のビルやマンションなどの屋上に植物を植えて緑化することです。
植物の蒸散作用によってその周辺の温度が低下し
断熱効果も高いので省エネにつながると期待されています。

屋上緑化を義務づける動きも出てきているそうです。


屋上緑化 詳細解説
ヒートアイランド現象を防ぐために緑化を推進することがとても効果的ですが
地価が高く、活用できる土地はすくないので
ビルやマンションの屋上に注目されます
防水・防根を施して軽量土壌などを乗せて芝や多肉植物・樹木や草木を植えるのです

屋上緑化は樹木の蒸散作用などによって周囲の気温を下げたり
断熱効果による省エネや騒音の低減、建物の膨張・収縮による劣化を防いだり
緑化による人々への癒しの効果など 色々な効果を与えます

東京都の調査で緑化していない屋上表面の温度が55度だったのに対して
緑化している屋上表面の温度は30度
階下の天井の温度を比較しても1〜3度低かったという結果が出ています。


*******

東京都は2001年から敷地面積1000平方メートル以上の民間施設と、
250平方メートル以上の公共施設を対象に、ビルを新築したり改築したりする場合に
屋上緑化を義務付ける条例を定め、2015年度までに1200へクタールを緑化するという目標を立てた。
福岡市は2002年度より面積500平方メートル以上の民有地で20%以上の緑化をした場合、
100万円を上限に費用の半分を負担するなどの助成をスタート。
同様の条例を制定する自治体が増えている。

2004年6月には「改正・都市緑地保全法」が公布され、市区町村が「緑化地域」に指定した区域では、
大規模ビル開発などの際に一定割合の緑化を義務づける内容が盛り込まれた。
国土交通省が2004年度に行った調査によると、2000〜2004年の各年の屋上緑化面積は年とともに増加し、
合計施工面積では東京都が最も広く、次いで神奈川県、大阪府、愛知県、兵庫県という結果となっていた。

*******


さて屋上緑化には何を植えたら良いでしょう?


普通、屋上は日当たりが良いので とても乾燥しやすく
荷重の問題から土壌を厚くすることが難しい場合が多いのです。

なので乾燥に強く、根を浅く張る植物がたいへん適していますが
今は設備等の進歩で、多様な植物を屋上緑化に利用することが可能となっているようです
とはいえ、これから新築するのであれば 
屋上緑化に向いている建物を作る事は可能ですが
まだまだ普通の家で屋上緑化は難しいのが現実でしょう。

個人のいえでも屋上緑化に取り組みたい場合に注意したい点は
屋上が重すぎると耐震性や住宅の強度などにモンダイが出てくるので
住宅を施工した業者に屋上緑化に向いているかどうかを確認しましょう
保水や排水もとても重要です
保水は必要ですが水が過剰だと根腐れがおきてしまいます。
そして排水溝などにドロや葉っぱなどが流れると詰まったりして大変です
植物の根がコンクリートに入り込まないように耐根シートを敷き詰める必要もあります
そして強風などで土が飛んだり木が倒れたりしないようにと
色々な配慮が必要になります。

しかし これらのもろもろの条件をクリアできるのが”万年草”です

上にかかれた「乾燥に強く、根を浅く張る植物がたいへん適しています」
まさにこれが万年草です。土も少なくて済みます、

万年草は葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。
なんてかわいい植物でしょう^^

傾斜地や屋根に適しています

上流に栄養を供給する土が少量あれば繁茂出来るようですが、屋根を痛めないマットや
風で飛ばされないような形状、接着方法など、すべて研究中ですので
一緒に研究してくれる方を募集しています。





---




地球温暖化って?

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)って?


地球の表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する現象の事です。

生物圏内の生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食など
気温上昇に伴う二次的な諸問題まで含めて言われています。

温暖化の原因は、色々な要因が考えられますが
世界の科学者で構成されるIPCC(気候変動に関する政府間パネル)は
地球温暖化はほぼ人類の活動によるものだと結論付けています。
地球温暖化は、すでに異常気象など私たちの生活にも影響をもたらしています
地球温暖化によって砂漠化の進展や氷原や氷床がどんどん少なくなったりすると
海や川の水がどんどん増えて食糧生産や生物の減少など、とても大変な問題に影響が出ています。

現在、温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して
さまざまな対策が立てられ、実行され始めています。

そのひとつに 私たちの「万年草」を広めようという事も少しずつですが
実行されています。




地球温暖化の原因は?

地球温暖化の原因は?


地球温暖化の原因になっているガスには色々なものがありますが
その中でも二酸化炭素は温暖化への影響がかなり大きいのです。
産業革命後、化石燃料の使用量が増えたために大気中の二酸化炭素の濃度が増加しています。

このままでは2100年の平均気温は、どんどん上昇してとんでもない事になります

現在の地球の平均気温は14℃前後ですが
それは大気中の水蒸気・二酸化炭素・メタンなどの温室効果ガスがあるためで
それが無ければ地球の気温はマイナス19℃くらいになります。
太陽からの光が地球の大気を素通りして地面を暖めその地表から放出される熱を
温室効果ガスが吸収して大気を暖めるのです

しかし、その温室効果ガスが大量に排出されどんどん濃度が高まり
熱の吸収が増えすぎて地球の気温が上昇しているのです。

これが地球温暖化です。

温室効果ガス別の地球温暖化への寄与

・二酸化炭素60%
・メタン20%
・一酸化二窒素6%
・オゾン層破壊物質でもあるフロン類(CFCs、HCFCs)とハロン14%
・その他(HFCs、PFCs、SF6など)0.5%以下


石油や石炭など化石燃料の燃焼などによって排出される二酸化炭素が
最大の温暖化の原因になります。

この二酸化炭素濃度は、1750年の280ppmから2005年の379ppmへと35%も増加しています
これは過去2万年で最大の増加率で、現在の濃度は過去2千万年で最高かもしれません。
このままでは、2100年には産業革命前の2倍から3倍以上の540〜970ppmへ増加すると予測されています。



温室効果ガスって?

温室効果ガスって?


温室効果ガス(おんしつこうかガス、Greenhouse Gas, GHG)とは
大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより
温室効果をもたらす気体の総称の事です。

水蒸気、対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当し
その中で最も温室効果をもたらしているのは水蒸気です。

近年、大気中の濃度を増しているものもあり
地球温暖化の主な原因とされています。

ただし、国立環境研究所の調査では
温暖化の原因を二酸化炭素増加と答えた者は1割に満たず
オゾン層破壊が原因と答えた者が大半で
温暖化の原因をオゾン層破壊と誤解している者も多い。

京都議定書における排出量削減対象となっていて
環境省において年間排出量などが把握されている物質としては
二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)(=亜酸化窒素)
ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF6)の6種類がある。

最も温室効果をもたらしている水蒸気が削減対象とされていないのは
人為的に大気中の水蒸気量を制御するのは困難なためである




注:wiki引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E5%AE%A4%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%82%AC%E3%82%B9



にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪