MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

万年草の栽培方法受け皿編

まずは万年草を繁殖させるのに
有る程度の水受けが有った方が生育に良く
ここでは植木鉢の受け皿で実験して見ました

下記の図参照
100円受け皿


受け皿が深いと梅雨の時期や雨が続くことが多い時期は
せっかく発育した万年草がミズゴケ状態になってしまい 
失敗してしまうので注意が必要です

植木鉢の受け皿に 万年草を25×25を載せて
屋根や(上から落ちるような事があると危険なので十分注意が必要です)
ベランダ・屋上などに置きます。
形や広さにあわせて何個か並べて設置すると良いですね


雨の多いときは周りにあふれてくれるような形がさらに万年草が繁殖しやすい条件になるようです
材質はプラスチック製で耐久性は少し問題ありですが、軽量化と低コストの面では十分です


水はけの図下記参照
100円受け皿水はけ図


このように日々検証を重ねています。


まだまだ万年草について
繁殖の仕方を研究中です
どのように増やすのが一番効率が良くて
低コストなのかを これからも追求して行きます^^





---



にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9246935

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪