MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

万年草って?

万年草って?


マンネングサには色々種類があるようですが
ここで説明するのは”ツルマンネングサ”の事です。


ツルマンネングサ-----------
(ベンケイソウ科 マンネングサ属)

朝鮮、中国原産の帰化植物で
都市近郊の石垣や崖地、河原などに生える。

*花茎は斜上し、長さ10〜20cmで紅色を帯びる。
*葉は3枚ずつ輪生する。
*花序は傘形に広がり、黄色で5弁の花を15〜60個つける。
*萼片は5個で線状披針形。
*花弁は5個で長さ8〜10mm。
*葯は長楕円形で橙赤色。
*雄しべは10個で離生師、ほとんど直立する。
*一般に種子はできない。



万年草




マンネングサの仲間は観賞用にも利用されるので
身近に見かけるのは在来のものよりも帰化植物のほうが多いようです。

ツルマンネングサは朝鮮半島から中国大陸にかけて原産しますが
日本にはすでに江戸時代に帰化していたとされ
現在では河原や道路の石垣のような乾燥しやすいところで普通に見かけるようになりました。

花は不稔ですが、繁殖力は強く匐枝で栄養繁殖を行い
ちぎれた植物体の一部が発根・発芽して
コンクリートブロックの間から顔を出すこともあります。

草丈は10cm〜30センチで
乾燥に強いです。


グラウンドカバープランツにも最適です。
この場合のグラウンドカバープランツは
他の雑草を増やさないという事に万年草は効力を発揮します。
万年草を植える事で、雑草の発生を少しでも少なくする事が出来ます。


・雑草抑制はすばらしい
・景観形成も小さくて黄色いお星様のような花が沢山咲きます
・耐寒・耐暑・耐病にも強い
・開花時期は5月中〜6月中旬



万年草で地球に命を取り戻そう









にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8649810

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪