MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

温暖化で広がる5つの病気

まえにもこの万年草のブログで温暖化によって広まるかもしれない
”デング熱”についてお話しましたが
地球温暖化によって、もっと多くの伝染病が広まるかもしれません


WHO(世界保健機構)によると、地球温暖化を受けて
気温や湿度の上昇によって昆虫やげっ歯類(ネズミなど)の生息範囲が広がるため
病気が熱帯から温帯地方へと広がっているそうです


熱帯地方独特の病気で私たちには無縁だと思われていた病気も
そのうち身近な病気になっていくかもしれません。。。




1.マラリア
マラリアとはマラリア原虫をハマダラカが媒介することによって広がります。
マラリアが春に流行するのを防ぐためには
前の冬の気温が16度以下に下がっていなければならないそうで

気温上昇によって世界人口の65%(今より20%多い)が
伝染の危険にさらされるだろうと国連のIPCCは考えているらしいです

抗マラリア剤・クロロキニーネへの耐性が増したというのも怖いところで
テキサスやニュージャージー、ニューヨークでは
マラリアの被害者が出ています。

しかし、今の日本の住宅環境などでは、仮に地球温暖化が進んだとしても
マラリアが流行する事は無いという意見も出ているそうです。



2.デング熱
デング熱とは東南アジア、インド、中米、南太平洋など熱帯地域に広く分布していて
デングウイルスに感染したヒトスジシマカなどによって広まります。

幼虫と卵はあまり寒いと凍結して死んでしまうことから
今は熱帯・亜熱帯に限られているそうですが
EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)や農務省の研究によると
若干の気温上昇だけでデング熱は温帯地方へも侵入してくると考えられているそうです

蚊はシカゴと同じぐらい北にあるオランダや、アンデスの高地へと生息範囲を広げているということです



3.脳炎
セントルイス脳炎、日本脳炎など脳炎は節足動物が媒介する病気で
ニューヨークでは1999年の夏に記録的な猛暑と乾燥があって
セントルイス脳炎とウエストナイル熱の両方が流行しました。

干ばつが起こると水の流れない水たまりができてしまい
そこでは蚊を捕食する蛙は増えないのに蚊だけが大量発生するという状況が起こります。

地球温暖化では、この種の水たまりが多くできる大雨と干ばつの繰り返しが
しばしば生じると考えられています。



4.腺ペスト
腺ペストとは、ペストに感染したネズミからノミが吸血して
そのノミに刺されることで感染するペストの中ではよく見られる形です。

米国科学アカデミー紀要に掲載された研究によると
地球温暖化は「黒死病」の発生を促進すると報告されています。

春に気温が1度上がると、バクテリアの流行は50%増加すると考えられるそうです。。。

「American Journal of Tropical Medicine and Hygiene」によると
ニューメキシコで冬から春にかけて例年より湿度が高かった際に
ペストの症例が60%増加したそうです。



5.コレラ
コレラとはコレラ菌に汚染された食物や水を摂取することで感染する病気です。

WHOではコレラの蔓延を海面温度の上昇、海面の上昇
エルニーニョと結びつけて考えています。
コレラを持つ動物プランクトンは暖かい水温で増殖します。

この病気に対して、我々ができる対策としては以下のようなものがあります。

・コレラや黄熱病の流行する地域へ行く際は予防注射を受ける
・長袖長ズボンを着用して、蚊やダニに刺されないように注意する


多くの病気の徴候はインフルエンザに似ていて
診察に慣れていない医者は誤った診察を行うことがあるため
自分でも十分に注意しておくことが必要になってきます


普通に日本にいる時は安全かもしれませんが
海外旅行に行く人は、十分気を付けてください。。。


温暖化によって上記のような大変危険な病気が広まる事は
本当に恐ろしいことですね^^;


この地球の状況を一瞬にして元に戻せる技術は無い物でしょうか。。。





---

にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
こんにちは、M.Ishiiです。

地球温暖化による伝染病が世界各地で発症しており、
将来的に、日本にも広がってきそうで恐ろしいですよね。

これらの病気とは関係ありませんが、
現在、日本で獲れる魚の一部から人体に影響のある
有毒物質が含まれているものが確認されたそうで、
食べても安全な魚が減りそうだとのことです。

現に、普段食べている魚から有害物質が検出され、
この魚を食べた方は一時重体になったとのことです。
(食品偽装とは違います。)

地球温暖化による影響は、
生態系に悪影響を及ぼす深刻な問題なだけに、
私たちのできるところから、取り組まないといけませんね。


現在、私のブログでは、様々な環境問題に関するアンケートを
実施していますが、回答された方の多くは地球温暖化を
深刻な問題として認識していらっしゃるようです。

もしよろしければ、万年草管理人様も
環境アンケートにご参加頂けると幸いです。
Posted by M.Ishii at 2008年09月29日 10:53
M.Ishiiさま、おはようございます^^
してきましたよ^^アンケート♪
地球温暖化が気になりますが、オゾン層の事と迷いました^^;
でも温暖化が進むと言う事は オゾン層の破壊が原因なんでしょう?
なにが最初なのか凄く悩みますね。。。
Posted by 仙台発、万年草で地球に生命を@管理人 at 2008年09月29日 12:22
またまた失礼します、M.Ishiiです。

環境アンケートにご回答頂きありがとうございました。

やはり、地球温暖化とオゾン層の破壊で迷いますね。

ある種、究極の選択的な質問だったように思いますが、
質問している私が回答するとなると、
どちらも深刻な問題ですので、選ぶのが難しいですよね。

う〜ん、どちらにしようかな〜ぁ。


今回のアンケートの集計結果は、
今週土曜日(10/4)に発表したいと思います。
Posted by M.Ishii at 2008年09月29日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20210824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪