MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

今、昆虫食が熱い!!

北京オリンピックが開催された事で
中国のある食文化に注目が集まっているとの事
それはなんと、”昆虫食!!”

えええーーー”昆虫食!?!”と思われた方もいると思いますが
実際、日本でもイナゴの佃煮とか蜂の子など
食文化として根付いています。。。


私が子供のころには仙台の街中に住んでいながらも
ちょっと苦竹辺りに行くと 当りは田んぼで
刈り取りが終わった後は
馬鹿みたいに、イナゴが取れた物でした
そしてそれを 母が佃煮にしてくれて
私も平気で食したわけですが
今は無理です^^;
イナゴを食べるなんて事がよく出来たと
本当に食べたのか あのコロの自分に半信半疑です(笑


それに最近の人はまず食べた事の無い人の方が多いのでは?
というか、見た事も無いかな?


しかし、食量価格が高騰している今
昆虫食が注目され、見直され始めているようですよ


昆虫食が見直されているわけは
生命活動を支える上でもっとも大事な物質の
たんぱく質を多く含んでいると言う事
大げさな話し、昆虫さえ食べていれば死なないと
言うことらしいです^^;

中国の広東省に古い格言で

「我々は背中が空に向いているどんな動物でも食べることができます」

というものがあるそうです。。。
広東人はヘビ、カタツムリ、カエル、虫、その他。。。
すべての生き物を食べる、と言う事が当たり前の文化なのだそうです


まあ、私もカタツムリも食べた事があるし
イナゴも蜂の子も食べた事があるし
世界ウルルン滞在期を見ると
あの、でっかいカブトムシの幼虫みたいな物も
ちょっと食べて見たいと思った事もあります^^;

欧米ではこのような昆虫食を古い時代の象徴としていたのが
最近では徐々に見直そうとする動きが出てきたそうです
理由は牛肉を消費するよりも、昆虫を常食にしたほうが
はるかにコストも安く、環境にも良いからです


普段私たちが食べている牛肉や豚肉を食べるところまで
成長させるのにかかるコストを考えると
どれだけの飼料が必要なのか。。。
成長後も物流のために、どれだけの燃料がかかるのか。。。
これらがどれだけ温暖化を促進させるのか。。。


それを考えると昆虫は繁殖能力が高い上に成長も早い
飼育も容易で、栄養価も高いと
まさに、食料として完璧なのだそうです


まさに昆虫は時代のエコ食!!
エコ推進している人は昆虫食に挑戦して見たらいかがでしょう。。。


つっても常食にするのはどうなのかな。。。あぅ。。。




↓↓↓昆虫食に挑戦する人の動画↓↓↓





---

にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19170233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪