MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

“ゲリラ豪雨”?“殺人豪雨”?


灼熱の乾いた都心を、落雷を伴う集中豪雨が続けざまに襲っている
集中豪雨とは、直径10キロから数十キロの局地的な範囲で
1時間に50ミリを超す雨のことを指すが
今年の大雨は想像を絶する怖さがある。
「ゲリラ豪雨」とも呼ばれ、すでに何人もの貴い命が犠牲になった。
-----------------------------------------------------------







今月5日、東京都豊島区の下水道工事中の自己は記憶に新しく
とても恐ろしい事件でした。。。

私も生まれて”うん十年”になりますが
あんな事故は聞いた事もありませんでした^^;

又、川でも悲惨な事故がありましたよね。。。


しかし、街の中で 仕事中に
マンホールに人間が吸い込まれていく 図 なんて
想像できますか?


事故現場では突然の雨が時間50〜80ミリも降り出したとか
そのために5人がお亡くなりになり、まさに「殺人豪雨」と
呼ぶ以外にありません。。。


豪雨被害って毎年全国でどこかしらで起こっていますが
今年は特に、東京の被害のひどいのが目立っていますね。。。


05年の統計では、集中豪雨は66回を数え
95年には一度もなかった100ミリ以上の雨が8回観測されているそうです


先日は世田谷区で床下浸水を記録し、北区のJR田端駅は
付近に落ちた雷の影響で電車が1時間半にわたって不通になりました


10〜20年の短いスパンなので異常な降水量とは判断できないらしいですが
近年の豪雨の回数が増えていることには違いが無いそうです。


時間30〜50ミリの雨を「バケツをひっくり返した」と表現し
80ミリ以上を「圧迫感、恐怖を感じる」と表現しているそうです


100ミリ以上となると、想像すらできない。。。



集中豪雨の被害は海外でも爆発的に増加中で
6月にはアメリカ中西部で20人以上が大雨で死亡


昨年9月には、タイのプーケット島で、豪雨のために旅客機が着陸に失敗し
乗員乗客89人が犠牲になったそうです


こんなにも豪雨での事故や災害ってあるんですね
何も知らない私は、雨が降った方が涼しくて良い、くらいにしか考えていませんでした



気象庁気象研究所の楠昌司室長は
「地球温暖化やヒートアイランドの影響で積乱雲が発達しやすくなり、
強い雨の回数は多くなる」と警告しているそうです


落雷、ひょう、突風や竜巻の被害も相次いでいて
東京全体が危険ゾーンになっているらしいです


都市は豪雨に弱く、生命も脅かします
東京では昨年、「豪雨対策基本方針」を策定したそうです


10年後までに、「対策促進エリア」において
おおむね時間55ミリの降雨までは
床上浸水や地下浸水被害を可能な限り防止すること
などの目標を掲げているらしいですよ。。。



対策促進エリアは「現在、下水道整備などを進めているところ」
(都下水道局計画調整部)で
とりわけ豪雨に弱い、つまり“危ない”場所が含まれているから
対策促進するわけです。。。


目標はあくまで10年後なので現時点では、まだまだ安心は出来ないのです


もし豪雨に遭った場合、水はご存知のように下へ流れるので
地下は安全とはいえません。。。
もし地下に居たなら すぐに地上へ出た方が良いのでしょうけど
きちんとしたマニュアルが無いと、自己判断で行動した事が
また別の事故に繋がったりすると いやですよね^^;


基本方針では、対策が都内全域に及ぶのは「おおむね30年後」
としていて、先の話しなのです。。。


【対策促進エリア】

◇流域/神田川、渋谷川・古川、石神井川、目黒川、呑川、野川、白子川

◇地区/練馬区中村、第2立会川幹線(品川区南部、目黒区東部)、隅田川幹線(足立区千住地区)、
第2溜池幹線(千代田区南部)、王子西1号幹線(北区王子駅周辺)、
小台幹線(足立区宮城地区)、西日暮里幹線(荒川区西日暮里地区)、
八広幹線(墨田区八広地区)、馬込西2号幹線(大田区馬込地区)、

◇施設/東京駅、新宿駅、池袋駅、渋谷駅の地下鉄、地下街など周辺





---



にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18093130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪