MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

海水浴場が汚染

アメリカの海水浴場が汚染されているらしく 
海水浴場での病原菌汚染による胃腸炎などの病気がとても増えているらしいです


週1回以上の定期的な水質検査が実施されていて
2007年、全米3620の海水浴場の3割を超える1167ヶ所で一時的閉鎖が行われました


海水浴場汚染の一番の原因は、大雨による下水の海への流入ですが
日本では、環境省が実施する調査が平時に年2回あるだけで
地方自治体でも定期モニタリングはしないそうです
自己防衛のためには「大雨の後の海水浴は避ける」
「排水施設の近くでは泳がない」などの注意が必要のようですよ



■2年間で2700人が発病、30人が入院、一人死亡
■全米の海水浴場で、全体の3割が一時閉鎖
■温暖化の影響で、今後被害は増加する
■環境省はなぜか年2回の検査だけで安全宣言
■神奈川県「大雨など最悪の状態での検査データはない」
■日本でも大雨の後には基準値を超えていた
■海水浴で健康被害にあわないためには


などなど・・・



2年間で2700人が発病、30人が入院、一人死亡って怖いですね〜^^;
家族連れで海水浴から帰ってきて、おなかをこわしたり皮膚炎になったりと
自分で気がつく人もいるでしょうが
もし気がついていなかったら怖いですよね。。。


海水浴が原因での中毒が増えているという報告もあるのです


アメリカ政府の疾病対策予防センター(CDCP)の調査では
2003〜2004年で、海水浴場を含む遊泳施設の水による集団中毒が62件発生しています
患者総数2696人の内、入院者58名と死亡者1名
その数は年毎に増加している傾向なのだそうです。。。


また2003年のアメリカ環境保護庁(EPA)の研究では、
汚水処理施設の排水口が近くにあるビーチでは
泳いだ人の10〜14%に胃腸炎が発生しているというのです


そして、全米の海水浴場で、全体の3割が一時閉鎖
アメリカでは、2000年に海水浴場の汚染対策としてビーチ法が施行され
海水浴場の水質モニタリング計画として
環境保護庁に年間1000万ドル(約11億円)の予算が下りるそうです
海岸や湖岸に面している30の州が参加して
全国主要な3602ヶ所のビーチの水質を定期的にモニターしているのです


検査結果はEPAに報告されデータベース化される仕組みで
検査の頻度は、水質汚染の度合いによりさまざまで
毎日検査を行っているところから週1回〜5回などの幅があるそうです


EPAが定める水質基準を超えていた場合、水質が改善されるまで
ビーチの遊泳禁止措置がとられることになります

 
通常はきれいなビーチが5パーセントくらいの頻度で
一時的に水質が基準値を超えるほど悪化する原因は

一番に下水のオーバーフローだそうです
特に大雨の日の後はオーバーフローを起こしやすく
海水の汚染度が上がるのです。


大雨以外にも他にも色々と自己的なケースがあるらしいです


人や動物の糞便などを含む汚水は
病原性の細菌やウイルスなどであふれているのは言うまでもなく
みなさんも理解出来ますよね。。。


それが海に流れ込み、海水浴客の口に入ると、下痢や嘔吐
発熱などを伴った胃腸炎などの症状を引き起こす事は

とても怖いことですね。。。
今まで海水浴に行って そんな事を考えたことも有りませんでしたが

上の結果を見ると、安易に子供を連れて海へも行きたくなくなります^^;


上の症状だけではなく、皮膚炎や耳鼻口や目などの
感染症の原因となることもあるそうです


通常、症状は比較的軽症ですむが、病原菌の種類によっては赤痢、コレラ、肝炎など
深刻な病気につながる可能性もある。特に、免疫の弱い子どもや老人
妊娠中の母親などは発症しやすいため注意をしたほうがよさそうです。。。


そしてもう一つの問題は、温暖化の影響で被害が増加すると言うことです
イギリスではアメリカのように定期的に検査はしていませんが
2007年に海洋保護教会という団体が
553箇所のビーチを調査し、8箇所に1箇所の割合で汚染が発覚したそうです


特に大雨によって、下水だけではなく、陸上にたまっている肥料や
動物の糞便などの汚染源が雨水と一緒に川から海へ流されることの
問題を指摘したそうです。。。

今後、温暖化の影響で局地的豪雨などが増えると
汚染が増加するという事で対策を検討するべきだと警告をしているそうです



日本では年に2回の検査だけで安全宣言をしているらしいですが
はたして日本の海水浴場は安全なのでしょうか?
最近の局地的豪雨はみなさんも知っているでしょ?


局地的豪雨によって、被害にあっている人が沢山いて
本当にいつ、自分の身に起きるか予想も出来ません


宮城県は宮城県沖地震というものも常に付きまとうので
本当に自然災害は恐ろしいです^^;


自分が気を付けてもどうしようもありませんからね。。。

しかし 温暖化に関しては 結果はどうなるか分からないにしても
一人一人の心構えは大事なことだと思います。。。







---

にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18062800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪