MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

環境浄化微生物「えひめAI」堆肥作り編

環境浄化微生物「えひめAI」堆肥作り編


昨日は「えひめAI」の作り方をご紹介しましたが
今日は「えひめAI]を使った「堆肥作り」の仕方を
ご紹介します。。。


このやり方でペットの糞なども生ゴミと一緒に
堆肥に出来るらしいですよ。。。


昨日の作り方で35度のところで
何日か発酵させなくてはいけないというので
今の時期はまだ仙台そんなに暑くないです^^;

なので、もうちょっと気温が上がったら
自分で作って見たいと思います

そして下記の堆肥つくりにも挑戦してみますね^^




用意する物ーーー

・ダンボール箱:みかん箱くらいかもう少し大きめのがいいです
・米ぬか3キロ
・新聞紙(2日分くらい)そこに敷く湿気予防(ビニールを敷く)
・ガムテープ・バケツ・ビニール・ヒモ・園芸用のコテ



準備ーーー

・ダンボールをガムテープで補強する(内側と外側の両面)
・新聞紙をそこに敷く(湿気防止)
・毎日の生ゴミに、米ぬかとえひめAIを入れて混ぜる、手で握って
 湿っている程度でいいです
・上部にはビニールで囲っておく
 (発行熟成の期間が早くなる&は絵がよって来るのを予防)




処理法方ーーー

1.生ゴミは水を切り、ぬれたままバケツに移す
2.米ぬかを茶碗に山盛り2杯ほど掛けて、えひめAIをかける
3.ダンボール箱に入れて前にあった生ゴミと混ぜる
4.雨が当らない所、風通しの良いところへおく
5.半日もすると発行してくるので軽く切り返しをします
切り返しをする事で空気が入り発行が進みます
(無農薬の糖度の甘い果実が実るそうです)
6.2〜3日で大分分のゴミが分解します
7.気候や季節で条件が異なります、寒冷地などはダンボールを二重にするなど
工夫が必要です(気候や季節寒冷地での発行日数が異なります)
8.完成は、お酒の発酵した匂いがします、

*生ゴミを容器に入れたらすぐに、えひめAIを散布してください(匂いが無くなるので)






>> 環境浄化微生物「えひめAI」手作り編





---


にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15715582

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪