MyYahoo!に追加


万年草を希望の方にもれなくカワイイしおりが付いてきます♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキングにご協力お願いします♪人気ブログランキングにご協力お願いします♪
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援もよろしく♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私たちは美しい日本を目指しています。地球に生命が誕生したときにストロマトライトが活躍したように現代に息づく生命の救世主がいるはずと仮定の基に二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する植物を探しています。
今現在2種類の植物を発見しています。いずれも高山に咲くきれいな花ではなく、道路の排気ガスの中で、道端で息づく植物です。
残念ながら雑草としか扱われていないために、取られて廃棄されています。今回私たちは、これまでのデータとともに、この植物を紹介いたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

万年草で地球に生命を

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この植物は(万年草)葉の中に水分を蓄えています。
乾燥や栄養など生活環境が悪化すると節目から小さな芽を出します。私たちは、この万年草を数年前から屋上や屋根の上の緑化のために栽培しています。これまでの屋上緑化は重量とメンテナンス(散水・定期的な手入れ)が問題点で普及していません。この万年草はそれを解決できるかもしれません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■記事リスト■
■万年草
■地球温暖化
■環境問題
■エコ
■節約

樹木は二酸化炭素を排出もしている?

樹木は二酸化炭素を排出もしている?


樹木も含め植物は、光合成によって
二酸化炭素を吸い込み酸素を吐き出しますが

人間と同じように生きていくための呼吸もしていて
逆に酸素を吸い込み、二酸化炭素を吐き出しています


でも、光合成に使われる二酸化炭素量は
呼吸から出る二酸化炭素量よりも多いので

差し引きすると吸収していることになるんです


成長期の若い森林では
樹木は二酸化炭素をどんどん吸い込み大きくなります
これに対して、成熟した森林になると
呼吸で吐き出す量がだんだん多くなり
吸収能力は低下していきます

樹木も人間も年をとると代謝率が悪くなるんですね^^;(笑

 

・街路樹や庭木なども森林の樹木と同じように
二酸化炭素を有機物に変えて幹や枝などに蓄えるので
地球温暖化防止にも役立っています

しかし、これらの樹木は、安全面などにも配慮して
ある程度の大きさまで生長すると剪定されて
それ以上は大きく生長させられないので
実際の吸収量は自然の中で生育する
森林の樹木ほどは多くないのです


 
・(独)森林総合研究所で行われた研究によると
過去に間伐された森林とまったく間伐しなかった森林を
同じ林齢で比較した場合
間伐した森林では
森林バイオマス(幹、枝葉、根の合計重量)が
間伐しなかった森林の樹木の森林バイオマスより
多い傾向があったとの報告があります
結果、最終的な吸収量は間伐をして
間伐材を生産した方がより大きくなると考えられるのです


*間伐した樹木は、そのままではやがて腐朽して
二酸化炭素として大気中に放出されるので
単に間伐するだけではなく、間伐材として利用する必要があります





地球温暖化に関する環境省ホームページ
http://www.env.go.jp/earth/index.html#ondanka



---

にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログへの応援よろしくお願いします♪

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14915547

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 環境ブログへ環境ブログランキングへの応援よろしくお願いします♪